2016年01月27日

バレンタイン製菓用品がいっぱい!


大雪から2日経ち、街はかなり落ち着いてきました。
雪は車道と歩道の間にこんもり寄せられていて、排気ガスでグレー色になっています。。(><)
ホント、札幌の景色を思い出します。(^^;;

先日(雪の前日)ユニオンスクエアのグリーンマーケットの帰りにNY CAKEの前を通ったところ、ショーウィンドウいっぱいにバレンタイン用品が並んでいたので、思わずパチリ!

IMG_1726.JPG

さすがアメリカ。Wilton製品が多いです。
ちなみにNY CAKEのお店の奥でWilton Classが受講できます。
IMG_1711.JPG

IMG_1714.JPG

アメリカンな色合いのカップケーキも。(^^;;
IMG_1705.JPG


欧米では、バレンタインデーは女性から男性に贈り物をするのではなく、お互いに贈り物を渡し合うかんじです。(ホワイトデーは日本独自の習慣ですね。。)

NY CAKEの前を通るとつい店内に寄ってしまうのですが、大量の製菓用品が船でこちらに向かっている最中で、これ以上増やすと大変なことになるので、購入には慎重に。。。(^^;;

そもそも、3年前の1ドル80円の時は何でもお買い得!状態で製菓用品も服もいろいろ買いましたが、円安が進んでいる現在は割安というわけでもないので購入意欲もそれほど湧かず。。。
ポンドも130円という、ユーロか?と思ってしまうレートの時はホントすべてがお買い得でした。(^^)

・・・というか、円換算する頭をそろそろ切り替えなきゃです。(^^;;

ちなみに、家の2ブロック先にManhattan Kitchen Supplyというニイミ的お店があり、ヘビロテで訪問しています。
ボウルやホイッパー、あとローストターキーを作る際のグッズもここで買いました。チェルシーマーケットのBowery Kitchenよりも品数豊富なのと、なにより近いので。。
あと、マディソンスクエアパークの近くにあるWhiskというお店もたまに覗きます。

が、そういうお店に行けば行くほど、合羽橋の偉大さを実感〜。
調理器具、製菓用品、包材用品が、個人用、業務用問わず一気に揃う街は海外どこ探しても無いと思います。
(米国、英国、ニュージーランドぐらいしか知りませんが・・・)

旅先の製菓用品店では、たとえばホノルルにExecutive Chefがありますが、多岐に亘りすぎてそれぞれの品揃えはイマイチでした。(↑あっここ昨年閉店してしまったそうです)

閉店といえば、ロンドンのチェルシーのJane Asherも閉店してしまいました。そういえば2年前に行った時、以前より商品コーナーが縮小されている〜と思いました。。

ロンドン郊外にあるSQUIRES KITCHENはシュガー好きの私たちにはたまらないお店ですが、ロンドンからけっこう離れています。。私はいつも車で行きますが、電車だと1時間ぐらいでしょうか。

合羽橋は東京が誇る街の一つだと思います。
渋谷のスクランブル交差点だけじゃなく、ニイミのコックさんの写真も撮ってどんどん紹介して〜というかんじです。

・・・と、話が飛びまくりましたが、みなさま、バレンタインまで2週間ちょっとです。すてきなスイーツ作り、がんばりましょう〜。(^^)


ブログご覧いただいた後、こちらをクリックして
いただけるとうれしいです〜。
  ↓↓↓

にほんブログ村

facebookはこちら。(^^)
cakes by koko - koko's life

Promote Your Page Too


posted by koko at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする